カラダを開放し、カラダと深くつながる。

自分の真ん中に還る。

 

―――真鶴・熱海・小田原などを中心に桜気功+ヨガや、カラダの声を聴くヒーリングセッションなどをおこなっています―――

about joy-full flow & Yuka

カラダを開放し、カラダと深くつながる場 joy-full flowへようこそ。

私は、カラダの感覚をじっくりと感じるのが大好きです!

 

オタクと呼んでもいいくらいです(笑)。

 

その豊かな味わいに出会った時、

無性に嬉しく、楽しく、驚嘆し、感動し、テンション上がりまくります。

 

単に「気持ちいい」とかでは、もう全然!!言葉が足りなくて。

 

理由なんて何もない。

なんでそんなことでそんなにテンション上がるのか全く意味不明。

だけど、それが大好きでたまらない。

 

 

こんなに何年も同じことに「うひょーー!」と思い続けられるとは、

カラダ、恐るべし!と思いますが、

深くつながって、深く感じようとすればするほど、 奥ゆき無限大。

飽きるってことがあり得ないのです。

 

そして、深く感じようとすればするほど、

カラダの中に「私の真ん中」とでも呼べるような「深くくつろげるスペース」を確かに感じ、

そのスペースが大きく育っていく。

どんどん心地いい在り方が自分の内側に沁みこんでいくような感じ。

 

 

自分の内側って??? と、最初はそう思っていました。

 

チャクラもわかんないし、

エネルギーが通るとか、

気の感覚とか、

全然わからんわー!!、と。

 

ストレッチの感覚や、筋肉が動く感じはわかるけど、

気とかプラーナとか、エネルギーとか言われてもちんぷんかんぷんで、

私にはその感受性は無いんだと思っていた。

 

当時はダンスもやっていたので、

筋肉やストレッチが、私にとってはとっても重要だったのです。

 

ちょうど、ヨガを本格的に学び始めたころ、10年前くらいの話です。

 

ヨガを学ぶ人の中には、そういう感受性や視覚化のイメージ力がとっても豊かな人もいて、

ひそかに劣等感を感じたり、場違いなところに来てしまった、というようないたたまれない感覚もありました。

 

それでも、 そのころから、カラダの感覚を感じるのが好きでした。

 

脚の重心を少し変えただけで、どこかのストレッチ感が微妙に変わる!とか。

そういった、肉体的な感覚。

 

ヨガをやりながら、もう少し繊細な、幽かな感覚への感受性は少しずつ育ってきて、

気功を始めてから、その感受性が一気に深まってきました。

 

そしたら、もう、面白さが格段に違う!!

 

心地いいし、ラクなんだけど、

そんなシンプルな言葉で終わらせたくないほどの豊かな感覚。

 

やればやるほど、そこを感じ取ろうとすればするほど

ずぶずぶと気の感覚が深まるのがわかります。

 

 

気の感覚、というと、 特別な感じのイメージがあるみたいですが、

決してそんなことはありません!

 

実際、クラスで

「特別なことなんだと思ってたーー!」

「自分には感じないものだと思ってたーー!」

という人多数ですが、

みんな、「これかあ♪」ってなります。

 

で、 その感覚に触れると、なんだかものすごく感動するんです。

 

とても深く、静かな、穏やかな感動。

心地良くて、満たされて、ココロの底からほっとするような。

 

私のようにマニアックなタイプ(笑)じゃなくても、

「カラダと仲良くなり、深くつながり、カラダの声を聴く」と、ココロが動いてしまいます。

そして、何より、カラダがものすごい変化します。

 

モノがぎっしり詰まった「カタマリ」から、

ゆるんで通りのいい「スペース」のような印象へ。

 

もう、本当に心地いいし、至福だから。

ぜひ体験してみてほしい。

 

 

あなたのカラダと深くつながって、カラダが開放されていく。

その体験を通して、あなた自身の無限の可能性や奥深さに出会っていく。

 

眉間にしわを寄せて、難しい顔をしながらやるのではなく、

「心地いい!」に導かれながら。

その感動、悦び、愉しみを思いっきり味わいながら。

 

 

その中で、

あなた自身の「自然」が目覚め、あなたが、あなた自身を生きることにつながっていく。

そのことを確信しています。

 

 

好奇心を持って、

冒険心を持って、

そのかけがえのない体験を一緒に愉しみませんか☆

 

 

joy-full flowへようこそ!

profile

出口由香(でぐちゆか)

 

カラダ探究家。joy-full flow主宰。

 

新潟生まれ、横浜育ち。

現在は神奈川県真鶴在住。

 

 

カラダ探究歴20年以上。ヨガ指導歴10年以上。

桜気功公認インストラクター

全米ヨガアライアンスE-RYT200

米国クリパルヨガ・センター公認ヨガティーチャー

siva raja yogaティーチャートレーニング200H修了

現代霊気ヒーリング協会レベル3修了

全日本薬膳食医情報協会東京薬膳学院 薬膳インストラクターコース修了

 

10代からバレエ、新体操、コンテンポラリーダンスなど、いろいろな形で踊り始め、

20代終盤で「ダンサー」として活動していく!と決意。

自主公演、客演、コンペティション出演など、様々な場所で、様々な人と踊り、カラダを探究。

 

そんな中でヨガに興味を持ち、 たまたま、タイミングよく「ヨガの先生」となる。

 

ヨガのレッスンでの体感と、踊る時の体感が共通していることに感動し、ヨガを教えることにはまる。

舞台上で踊ることから、ヨガのレッスンへと活動の場がシフト。

 

2008年、「ヨガを教えること」を体系立てて学ぶため、 クリパルヨガ教師養成トレーニングに参加。

生き方や、ヨガを伝える立場としてのあり方、を学び、 今までの人生がひっくり返るほどの衝撃を受ける。

 

今まで、いろんなことをごまかしながら生きてきて、このままでは人生終わる時に後悔する。

この世界を、私という存在を、もっともっと生き尽くしたい!!

と、その欲求と真剣さが強まったことと、本来のマジメな性格が相まって、

「私の課題」と常に常に向き合うような在り方で過ごした数年間。

 

ヨガ教師としてはほぼ順調に活動しながらも、

ここ数年、「何かを根本的に変えないと、なんか、ずっと苦しいかも・・・」という感触をスルーできなくなり、

「どう生きるのか?」を考え直さざるを得ない状況に。

 

伊藤真琴氏に師事し桜気功を学びながら、カラダを解きほぐし、

佐藤由美子氏による「時空力プログラム」に参加して、ココロを解きほぐし、

ようやく、抱えすぎて身動き取れなくなっていたたくさんの「○○すべき」を少しずつ手放し、

「自分で自分を満たす」ことへようやくたどり着いた40代の今現在。

 

 

★ 好きな言葉は「毒を食らわば皿まで」。高校生の時からの座右の銘。

本来いい意味の言葉ではないけれど、

私がこの言葉から受け取るイメージは、自分自身にとことん正直で、迷いの無い感じ。

そんな風に生きるのって、かっこいいよなー、と思う。

 

ブログ joy-fullflow

Facebook 出口由香